言葉の力歳月記

心に残る言葉・名言・名句・名台詞・新語などを学びながらお知らせしています。

スポンサーリンク

ソフレとは添い寝フレンド 「友達以上、恋人未満」の関係 ありえな~い? 据え膳食わぬは男の恥

最近注目されている「ソフレ」という言葉をご存知でしょうか? エッチやキスはせず、ただ異性と添い寝しあうだけの関係のことだそうです。

ソフレとは添い寝フレンドの略語。


「友達以上、恋人未満」の関係を指す。「ウィル彼」と言う言葉も登場しだしている。

 

ただ添い寝をするだけの異性の関係、「ソフレ」(=添い寝フレンド)。「ネットで話題になっているだけで、現実にはありえないんじゃないの?」と思っている人もいるのでは。ならば実際に経験がある人に聞いてみよう。

20~40代の女性たちにアンケートを取ったところ、下記のような結果になりました。

 【ソフレって欲しいと思う?】

1位 欲しい…34%
2位 欲しいけど添い寝では終わらなそう…21%
3位 恋人がいればいい…16%
4位 必要ない…11%
5位 セフレのほうが欲しい…8%
その他…10%

完全否定派は少なく、女性のソフレ欲しい度数はかなり高め。
やはり包容力を味わいたいようです。


ソフレ反対派の意見も数々あります

 

「添い寝だけなんて無理!身も心も全て預けられる恋人がいれば、それで十分です。」

「寝るだけなら一人のほうが気楽。抱き枕のほうがいいです。寝返りもいびきもないし、蹴られることもない。」


「新しいコミュニケーションだ」「面白くて素晴らしい試み」という肯定的な評価がある一方で、「男性には向かないアプリ」「既存の出会い系アプリと全く変わらない使われ方をしている」などといった非難の声も。ソフレに対する複雑な反応は、日本もアメリカも変わらないようです。

 

「添い寝をするだけの関係」というと、ほとんどの方は驚くと思われる。

『女性と添い寝をして手を出さないなんて無理! 』と思う男性も多いのではないでしょうか。

ベッドインすれば即エッチが社会的常識ですよね。

しかし、恋愛離れが増えたと言われる今の世代の若者にとっては、これくらいの関係が一番楽なのだと思います」とのこと。

 

プロセスと気配りが面倒なのは理解できます。

肉体的にも精神的にも健全な男子であればですが体が我慢できないのではないでしょうか。

健全な肉体の欲求にブレーキをかけるなんて健康によくないのでは。

据え膳食わぬは男の恥~

 

恋人でなくソフレになる理由としては、「恋愛はしたいけどひとりの異性と付き合うのが面倒だったり、どこか恥ずかしいという感覚を持っていたりする彼ら。そんな人たちにとってソフレは、恋愛特有のドキドキや癒しを味わいつつ相手とは友達のままでいられる、ちょうど心地よい良い関係なのです」という。

さらにソフレを持つメリットとして、「誰かと一緒に寝ることで安心でき、いつも以上に安眠できるという人もいます。そのような方たちからすれば、仕事などで溜まった日頃の疲れを癒してくれる存在がソフレなのでしょう」ともいう。

「ソフレは『添い寝フレンド』という名前の通り、お互いに友達感覚だからできることです。ストレス社会で癒しを求める人が増えたからこそ、このような関係を必要とする人も出てきたのだと思います」。

 

海外でも話題となっている「ソフレ」


「ハグ&添い寝」をマッチングするアプリ「Cuddlr」が、アメリカで賛否両論を起こしています。「Cuddle」とは「抱きしめる・添い寝する」という意味の言葉。今アメリカでメジャーになっている出会い系アプリ「Tinder」のように、位置情報を使ってハグ友達・添い寝友だちを探すことができる様です。

 

旧石器原人の辞書にはありえな~いのですけど~

 

※キスフレ

"キスフレ"とは、エッチまではしないけど、キスまでする男友達を差す言葉

。「キスまでなら、ある程度欲求も満たされて罪悪感もそこまでないから絶妙の関係」「エッチしたら浮気だけど、キスまでなら、浮気じゃない」等女性の間で、"キスフレ"の存在を認める声が多く見受けられたとのこと。


ある調査では、「エッチはしないけど、キスまでする相手がいる(いたことがある)?」と質問したところ、36%の女性がYESと回答した。また、「"キスフレ"のことは好き?」の質問には、64%の人がNO、"キスフレ"とは真剣な恋愛に発展する?」には、75%の人がNOと回答、「彼氏とキスフレは別物?」という質問に対しては、58%の人が別物と回答するなど、"キスフレ"は、本気の恋とは違うことが明らかになったという。

「"キスフレ"とのキスは浮気にならない?」という質問に対しては、81%の人がNOと回答。浮気と思いながらも"キスフレ"とキスをしている女性が多いことが明らかになったとのこと。