言葉の力歳月記

心に残る言葉・名言・名句・名台詞・新語などを学びながらお知らせしています。

スポンサーリンク

「昨日の自分を今日の自分が超える」平野早矢香

「昨日の自分を今日の自分が超える」平野早矢香

戦うアスリートらしい名言です。

 

★平野 早矢香(ひらの さやか、HIRANO Sayaka1985年3月24日 - )は、栃木県鹿沼市出身の日本の元女子卓球選手、コーチ。
『 卓球の鬼 』と呼ばれた。
身長157センチで体重53キロ

18歳のときには全日本卓球選手権大会で初優勝(女子シングルス)翌年も連覇、実になんと、5度も優勝。
2012年ロンドンオリンピック卓球競技・女子団体銀メダリスト。
2016年4月9日をもって現役を引退し、引退後は卓球解説者も務めている。また2016年12月からは以前から契約していたスティガおよび所属であったミキハウスとコーチ契約を結んでおり、ノースプロダクションとマネージメント契約を結んでいる。

幼稚園の年長時に両親が共に高校から卓球をしており、自分もその影響で5歳で卓球を始めた。小学校時代は華卓会(- 小4)・城山クラブ(小5 -)で卓球を学ぶ。中学・高校時代は、仙台育英学園秀光中学校・仙台育英学園高等学校に在学。中学時代から技術面以上に精神面の強さがあったとされている。
高校卒業後はミキハウス(大阪)に入社。早々にシニア代表入りし、日本の期待の若手として注目される。18歳の若さで2003年度の全日本卓球選手権を初制覇[3]。この時はかなりの接戦や逆転を経てのものであったが、翌年も連覇した。内容も圧勝が多く、その実力が確かなものであることを証明した。

 

◆主な受賞歴
2003年 第5回 『卓球王国大賞』審査委員賞
2004年 第5回 『日本卓球人賞』選手大賞
2004年 第6回 『卓球王国大賞』プレーヤー・オブ・ザ・イヤー
2006年 第8回 『卓球王国大賞』荻村伊智朗賞
2007年 第9回 『卓球王国大賞』プレーヤー・オブ・ザ・イヤー
2008年 栃木県鹿沼市民栄誉賞
2008年 第13回 『読売栃木スポーツ大賞』大賞
2008年 第9回 『日本卓球人賞』選手大賞
2009年 第10回 『卓球王国大賞』プレーヤー・オブ・ザ・イヤー
2011年 2010年度JOCスポーツ賞特別功労賞
2012年 栃木県スポーツ功労賞
2012年 栃木県鹿沼市特別賞
2012年 宮城県特別表彰
2012年 宮城県仙台市より「賛辞の楯(たて)」贈呈
2016年 万年筆ベスト コーディネイト賞2016

最高世界ランク 10位
利き腕 右
グリップ シェークハンド
ラケット ローズウッド NCT
フォア面ラバー ヴェガ プロ
バック面ラバー ヴェガ プロ
シューズ WAVE DRIVE A3
戦型 右シェーク裏裏ドライブ型
所属歴 ノースプロダクション/ミキハウス
学歴 仙台育英学園高等学校
国内戦歴
全日本選手権 シングルス 2003,2004,2006~2008
全日本選手権 女子ダブルス 2008,2013,2014
ジャパントップ12 2004,2007,2008,2015
代表歴  日本代表

 
◆獲得メダル
オリンピック
銀 2012 ロンドン 女子団体
世界卓球選手権
銅 2004 ドーハ 女子団体
銅 2006 ブレーメン 女子団体
銅 2008 広州 女子団体
銅 2010 モスクワ 女子団体
銀 2014 東京 女子団体
アジア選手権
銅 2003 バンコク 女子団体
銅 2007 揚州 女子団体
銅 2012 マカオ 女子団体
銀 2013 釜山 混合ダブルス
銅 2013 釜山 女子団体
アジア競技大会卓球競技
銀 2014 仁川 女子団体

 

[rakuten:dorama:13163273:detail]


卓球の鬼と呼ばれて

その思考方法には「 生きていくための勇気 」「 強くなるためのヒント 」が詰め込まれている。
卓球の神様に愛されたメダリストが発するメッセージ。
アスリートが感じた悩み、喜び、迷い、達成感、すべてが詰め込まれた一冊。

勝つことも負けることも、卓球が私に教えてくれた!
壁を乗り越え、不調を克服する方法
「卓球の鬼」と呼ばれて、平野早矢香自身はどう感じていたのか?