読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉の力歳月記

心に残る言葉・名言・名句・名台詞・新語などを学びながらお知らせしています。

スポンサーリンク

大塚久美子社長親子争いの騒動おわび"935"セール “入りやすい店”にリニューアル

■親子争いの大塚家具、騒動のおわびセール


 経営権をめぐる親子の争いが注目された大塚家具が、騒動のおわびとしてセールを始めました。

  「皆さま、おはようございます。本日から始まるフェアでは、大塚家具のいいところ、品ぞろえも価格もサービスも皆さんにお分かりいただきたいと、社員一同、頑張って準備を進めてきた」(大塚家具 大塚久美子社長)

  セール初日の18日は、久美子社長が開店と同時に客を出迎えました。

  旗艦店の新宿店では、入口に設置していた受付を廃止するなどの改装も行い、父親の勝久氏が売りにしてきた会員制からの脱却を図っています。久美子社長はほかの店舗についても順次改装を進める方針で、騒動で傷ついたブランドの信頼回復を目指します。

■大塚家具 “入りやすい店”にリニューアル、18日からセール開催

 大塚家具が一部の店舗でリニューアルして、18日からセールを開催です。久美子社長の新体制のもと、店はどのように変わったのでしょうか。

  単なる「セールの発表会」としては、異例ともいえる数の報道陣。セールをアピールをするのは、真っ白なジャケットに身を包んだ大塚久美子社長です。

  「私どもに引き続き、あんなことがあった中でも、ご期待をいただけていることへの感謝」(大塚家具 大塚久美子社長)

  経営権をめぐる親子の争いが注目された株主総会から3週間。騒動のお詫びとして、大塚家具は一部店舗をリニューアルした上で、18日からセールを開催します。

  「もっとオープンな雰囲気で、もっと気軽にいい家具に触れていただき」(大塚家具 大塚久美子社長)

  新体制のもと、店はどう変わったのでしょうか?

  「入りやすい店を目指す久美子社長。まずは、入り口にあった受付がなくなりました」(記者)

  父親の勝久氏が売りにしていたマンツーマンの接客で、入りにくいとも指摘されていた受付。その入り口の受付は、今回、姿を消しました。一方、別の入り口にあった受付は、横幅がぐっと短くなっています。

  また、今回のセールで、話題となっているのが値段です。超高級ベッドのセット、値段は「93万5千円」。お求めやすい方は「9万3500円」。なぜか「935」という数字が目立ちます。「久美子」社長に理由を尋ねると・・・

 「考えた人が何か考えているのかもしれませんけど、私は存じ上げない」(大塚家具 大塚久美子社長)

  「クミコ(935)」を意識した語呂合わせセールなのでしょうか。